赤ら顔を治す方法

赤ら顔を治す 「冬になると赤ら顔の状態が悪化してしまう」
「ほっぺたが赤くて田舎者ぽく見える」
「寒暖の差ですぐに赤ら顔になっちゃう」


こういった赤ら顔の症状で悩んではいませんか?

赤ら顔はその症状が顔に出てしまうので、当人はそれがすごく恥ずかしい思いをするため、悩みも非常に深刻です。

とくに外と室内の寒暖差が激しい冬の季節は、肌が敏感に反応しやすくなり、室内で1度顔が火照ってしまうとしばらく治まらないという場面が多くあります。

また、余計に顔に意識を集中させることで、自律神経が乱れさらに症状が悪化してしまうこともあります。

赤ら顔の症状は顔に出てしまうので、マスクをしたり、化粧を厚くする以外には隠すのもなかなか難しいものです。

しかし、あきらめる必要はありません。

赤ら顔はその原因がわかっている症状なので正しく対処することでその症状を抑えることが可能です。


このページでは赤ら顔を治す方法6選を紹介していますので、赤ら顔で悩んでいる人はその中から自分にあった方法を見つけてください。

方法1、皮膚を厚くし肌そのものを強くする

赤ら顔は、
「顔の皮膚が薄い」
「敏感肌」
「乾燥肌」
「血行が悪い」
「色白」

のどれかが原因であることがほどんでです。

おそらく赤ら顔の人は、このどれか、または複数該当するかと思います。

中でも皮膚が薄く敏感肌の体質であることが赤ら顔の原因の大半を占めます。

ですので赤ら顔を原因の根本である皮膚を厚くし、肌を強くすることで外部の刺激に対して反応しづらくなります。

では、そうするためにはどうしたら良いのか?それは次の方法が効果的です。

【肌を強くする方法】
洗面器を2つ用意し、そこへ冷水(氷水)と少し熱めのお湯を入れます。

そこへ交互に7秒ずつ顔を浸します。それを毎日朝晩10セットおこなうことで肌を強くし外部の刺激に鈍感にすることができます。(※最後は冷水で終わるようにします。)

終わった後は化粧水で肌が乾燥しないように保湿は必ずおこないましょう。(赤ら顔専用の化粧水ならなお良い)
洗面器

方法2、赤ら顔専用の化粧水を毎日塗る

赤ら顔専用の化粧水を使用し毎日つけることで徐々に赤ら顔の症状を軽減することができます。

毎日、朝の洗顔後と夜のお風呂のあとにつけるようにしましょう。
赤ら顔専用美容液

赤ら顔用化粧水ランキング

ピオリナ
【販売元】 株式会社tattva(タットワ)
【商品名】 peorina(ピオリナ)
【金額】 6,900円→1,980円(税抜き)
【内容量】 100ml
【主要成分】 オタネニンジン根エキス、ブクリョウ、マグワ根皮エキス
【特徴】 医師もすすめる赤ら顔用の化粧水です。使用満足度95.7%で赤ら顔化粧水4冠達成の商品です。
【返金保証】 30日間返金保証付き
【送料】 無料
【評価】 ★★★★★
【公式HP】 ピオリナ公式サイト
【レビュー】 ピオリナの使用体験レビューはこちら


ウルウ
【販売元】 株式会社日本ドライスキン研究所
【商品名】 ULU(ウルウ)
【金額】 5,100円→3,600円(税抜き)
【内容量】 110ml
【主要成分】 アンボラエキス、スクワラン、トレハロース、セラミド
【特徴】 赤ら顔や敏感肌の人のためのオールインワン無添加化粧水です。
【返金保証】 なし
【送料】 無料
【評価】 ★★★★
【公式HP】 ウルウ公式サイト


しろ彩
【販売元】 株式会社エクラ
【商品名】 白漢しろ彩
【金額】 5,600円→4,480円(税抜き)
【内容量】 100ml
【主要成分】 ショウガ根茎エキス、甘草、ブクリョウ
【特徴】 赤ら顔をケアする和漢化粧水です。
【返金保証】 30日間返金保証付き
【送料】 無料
【評価】 ★★★
【公式HP】 白漢しろ彩公式サイト


方法3、冬の寒暖差をなくす

赤ら顔の症状が一番出やすいのが冬の気温が低い外から暖房の入った室内へ移った時です。

寒い外気で顔の血管が収縮している状態から暖かい空気に移ると顔の血管が一気に膨張します。そうなることで血流が良くなり赤ら顔の症状になるのです。

これを防ぐにはできるだけ外と室内の温度差を顔の皮膚に感知させないようにすることです。

方法としては、外出する際にはマスクとマフラーをし、できるだけ顔と首まわりの温度を下げないようにすることが効果的です。

そうすることで顔の肌の温度変化がなくなり血管の収縮と膨張が起こらなくなります。

方法4、血行を良くする

赤ら顔の人は末端冷え性の人が多くいます。とくに冬になると手や足の先が冷たくなってしまいます。

体の隅々にまで血の巡りが通っていない状態だと顔や頭に血が滞りやすくなり、赤ら顔の症状が出やすくなります。

ですので末端冷え性を解消することで赤ら顔の症状を緩和することができます。

末端冷え性を治すには次の方法が効果的です。

・手をグッパーする×100回
手をグーとパーにした時にギュッと力を入れるようにし、それをたくさん繰り返すだけで血行が良くなります。

・乾燥生姜などを頻繁に摂るようにする
とくに血行を良くする効果があるのが乾燥した生姜です。それを食事や飲み物などと一緒に摂ることで血行が良くなります。

生姜を天日で乾燥させるだけですので自分でも作れますが、乾燥生姜を粉末状にしてあるものも売られていますので、それだと料理や紅茶やお味噌汁などに入れられ便利です。

・呼吸法を整える
深く長い呼吸を意識的にすることで自律神経の乱れが抑えられ全身の血行が良くなります。

1、ゆーっくり鼻から息を吸い、そのまま吸えなくなるまで吸います。(7秒)

2、もう吸えないところで呼吸と止めます。(14秒)

3、ゆっくり口から長ーく息を出し切ります。(28秒)

これを繰り返します。数回繰り返すだけで気持ちが落ち着き指先の血行が良くなることが実感出来るようになります。

方法5、病院でレーザー治療

赤ら顔はレーザー光線で消すことができます。ただし、保険は利かず全額自己負担となります。

施術後はレーザーを当てた場所が1度かさぶたになり、治るまで1-2週間程度かかります。それ半年ごとに数回繰り返す。

また、レーザー治療をすれば100%赤ら顔が治るというわけでもありませんので、施術前に医師としっかり相談をしてからおこなうようにしましょう。

レーザー治療で赤ら顔を治すなら、できるだけ赤ら顔のレーザー治療経験が豊富な医師の元でおこなうことをお勧めします。

赤ら顔の原因、仕組み

赤ら顔は普通の人に比べ肌が薄く皮膚下の毛細血管が透けてしまっている症状です。

肌の色が白かったり、敏感肌の人に多く見られます。皮膚自体を強くしたり、外と室内の温度差を肌に受けさせないようにすることで症状を抑えることができます。

赤ら顔を治す化粧水第1位はこちら

赤ら顔のコンプレックス体験談

赤ら顔を治した方法
【赤ら顔のコンプレックス改善体験談もくじ】
  【28歳女性】特に嫌なのは、冬場に寒いところから屋内へ移るとき
  【44歳男性】敏感肌と自律神経の乱れが原因
  【19歳女性】気温差を感じたときや緊張したときに赤くなる
  【31歳男性】肌を鍛えて自律神経を整えたら改善した
  【32歳女性】赤ら顔を隠せる商品はないかといつもチェック

【28歳女性】特に嫌なのは、冬場に寒いところから屋内へ移るとき

28歳の主婦です。

私の赤ら顔は、おそらく敏感肌のために起こるタイプで特に冬場にひどくなる傾向があります。

両頬骨の下あたりが広範囲に赤くなり、近くで見るとまだらっぽくなっています。色が白い方なので、濃い色のファンデーションを塗るわけにもいかず。

かといって厚塗りも肌の負担になるため、化粧でもあまり隠せず……と言った具合です。

特に嫌なのは、冬場に寒いところを歩いてから商業施設などに入る時です。

駅や電車ならゴミゴミしているのでさほど気になりませんがレストランやショッピングモールの服屋など、店員さんと直接やり取りしなければならない場所は赤ら顔が恥ずかしくて「見ないでー!」と叫びたい気分です。

マフラーに顔を埋め気味にしたりして誤魔化しています。 皮膚の疾患というわけではないので、私が意識しているのはあくまでも基本のケアの延長になりますが、敏感肌を傷つけないようにお手入れしています。

洗顔料は洗浄力の強すぎないものを選び、こすらずに泡でそっと洗います。

熱いお湯ではなくぬるま湯で丁寧に流し、拭くときも清潔なタオルをそっと押し当てて水分を吸わせるようにしています。

シャワーのついでにバーッと洗ってしまえた方が楽ですが、赤ら顔解消のためと思って習慣づけています。

また、化粧水を敏感肌用のセラミド配合のものにしたら、肌のしっとり感が増して少しだけ赤ら顔もマシになったような気がします。

肌表面が整って、薄くファンデーションを塗るだけでもしっかりめにカバーできているので、そのせいもあるかもしれません。

【44歳男性】敏感肌と自律神経の乱れが原因

若い頃、赤ら顔に悩まされていました。

元々皮膚が薄い対応で若干毛細血管が透けて見える肌のタイプだったのですが、特に冬から春の時期は、慢性な赤ら顔というよりも急にのぼせたような状態で顔に熱がこもるような症状が出ていました。

春先によくそのような症状が出るので花粉と関連があるのかと思い病院に行ったところ、若干肌も炎症を持っていて荒れているとの事でしたが、花粉が原因ではなく、敏感肌と自律神経が乱れているのではないかと判断されました。

肌荒れに関しては病院からもらった塗り薬で落ち着いて、赤みも和らぎましたが、のぼせは自分でもいつ出るかが予想ができずに急にかーっと顔が赤くなるので本当に悩みのタネでした。

友人や恋人と会う時に出る事もあったので、みるみるうちに赤くなる顔に驚かれて、落ち着かせないと!!という焦りからますますのぼせたような状態になり、外に出てみたり、冷たい水を飲んだりと色々状況を変えてみて落ち着かせるようにしました。

一人暮らしを始めてコンビニ食が多くなって来た事、お酒がの席が増えた事、夜更かしし過ぎて睡眠時間が短くなって来た事等、初めての仕事でストレスが多かった事など、その全てが自律神経を乱す大きな原因であることを知り、一人でも規則正しい生活を送れるように意識して過ごしました。

そして、1年くらい経った後に、のぼせの症状が出なくなっている事に気付きました。

当時はあんなに悩んだのぼせも今は、体からのお知らせをきちんと受け取れてよかったなと思っています。

【19歳女性】気温差を感じたときや緊張したときに赤くなる

私は現在19歳ですが、肌の炎症と赤面症が混ざった赤ら顔に悩んでいます。

肌の炎症の方は、敏感肌のせいか常に少し赤みがかっている状態です。わずかに凹凸があるのでチークを塗ったような綺麗なピンク色ではなく、ムラがあって光をあてたときにくすんだ色に見えます。

赤ら顔の方は気温差を感じたときや緊張したときに特に赤くなります。

この二つの症状のせいで頬はかなり赤みが目立ちます。特にイヤだと感じるのは明るいところで写真を撮るときです。

明るい場所だと赤みが際立つだけでなく、肌荒れの凹凸も浮き出てしまうので、あとから写真を見てショックを受けることがしばしばあります。

また、人前で話す時には、もともと頬が赤いのでわずかな緊張でも真っ赤になっているように見え、人から心配されることがあります。

肌の炎症の方のケアについては、刺激が弱く自分の肌に合う洗顔料と化粧水を選んで使っています。これによって赤みは少しだけ抑えることができます。

炎症タイプの赤ら顔にとって紫外線は大敵なので、日焼け対策もかなり入念にしています。

日焼け止めは、肌に優しいもので、かつ効果も強力なものを使うと夏でも赤ら顔の悪化を防ぐことができます。

赤面症の方については顔が赤くなっているな、と感じたときに冷やすようにしています。使うのは濡らしたタオルなど手近なもので大丈夫です。一度冷やすとその後も少しの間は、再び赤くなるのを抑制できるように感じます。

【31歳男性】肌を鍛えて自律神経を整えたら改善した

子供のころはあまり意識しなかったのですが、大人になってからは赤ら顔に悩まされるようになりました。

具体的には少しでも緊張する場面になると、顔が熱くなり大量の汗と共に顔が真っ赤になってしまいます。

また、夏の季節にのように気温が上がると顔が赤くなり、写真などに写るのもためらうほどです。

特に具合が悪いわけではなく顔だけが赤くなるので、人に見られるのが嫌でした。

会社員をしていると、お客様の前に立つことがどうしても多くなります。そんな時に汗と共に顔を赤くしてしまうと、お客様に不安感を与えてしまう事になります。

また、顔を赤らめていることを人に指摘されると、更に緊張からか赤みが増してしまい、恥ずかしさで上手に話すこともできなくなってしまいます。

このように自分の顔の赤さに気が付いてしまうと、更に赤みが増すという悪循環に陥っていました。

そのため、まずは皮膚科に相談してみることにしました。レーザー治療などの方法もあったようですが、費用が高く赤ら顔の原因を断つべく生活習慣を改めることになりました。

赤ら顔の原因としては、敏感肌や肌の乾燥、ストレスや自律神経の乱れなどが挙げられるようです。

私はまず赤ら顔専用の化粧水を毎日使うようにしました。そして、敏感肌を鍛えるために入浴時に温水と冷水に交互に顔を浸すことも始めました。

さらに自律神経を整えるために睡眠不足や運動不足なども解消するように規則正しく健康的な生活を心がけました。

その生活を半年も続けた結果、赤ら顔の徐々に改善が見られました。まだ冬場は多少は赤くなるものの、気になる程度ではありません。

緊張もあまりしなくなりました。このままの生活を続けていきたいと思います。

【32歳女性】赤ら顔を隠せる商品はないかといつもチェック

32歳です。

目の下のあたりから頬全体にかけて赤ら顔で、特に暑いとかでなく常に赤いです。

調子の悪い時は瞼から顎にかけておでこ以外が赤くなっていることがあります。

日焼けしたわけでも、ニキビのせいでもないのに顔が赤いのが日常になっています。思春期を過ぎたあたりからずっと気になっています。

まず化粧をしないと出かけることはありません。日焼け止めを塗っただけで外に出るということも出来ません。

近所のスーパーに買い物に行く時も知人に会う時にするとき同様の化粧をします。

自分でも気にしすぎていると感じますが、どうしても人目も気になります。

化粧するときも、化粧下地に赤みを抑える、グリーンのコントロールカラーを使っています。より隠すために色んなメーカーのグリーンのコントロールカラーを試しました。

ようやく、これなら赤みを抑えられるというものを見つけ、カバー力の高いファンデーションをつけ、なるべく赤ら顔に目が向かないようにアイメイクに力をいれるようにしています。

化粧品を買いに行く時も、赤ら顔を隠せる商品はないかと、いつもチェックしています。
育毛サプリプロタガのレビューはこちら→https://www.loiz.info/protaga.html

赤ら顔の悩み体験談|赤ら顔のコンプレックス改善方法